イベント

滋賀支部
行事のお申し込み、お問い合わせは支部事務所へ
電話:(077)521−1349 (月・水・金の10時〜15時)
メ―ルアドレス:denyu5@vesta.ocn.ne.jp

◎行事のお知らせ

◯舞踊

日 時 二月二五日(月) 一一時〜一五時
場 所 トークサロン滋賀
会 費 二〇〇円
申 込 事務局まで

※平成三〇年七月から「白雲の城」を稽古中です。踊ることが好きな人、見るのが好きな人、お待ちしています。

◯パッチワーク

日 時 一月一八日(金)
二月一五日(金)
一〇時〜一五時
場 所 トークサロン滋賀
会 費 無料(実費のみ)
申 込 事務局まで

※パッチワークでバッグやタペストリー等を作ってみたい方、お待ちしています。

◯第九〇回囲碁会

日 時 三月七日(木) 一〇時開始
場 所 トークサロン滋賀
会 費 無料(昼食は自己負担)
申 込 三月一日(金)までに事務局へ

◯第七二回ボウリング

日 時 一月一一日(金) 一〇時三〇分スタート
場 所 エースレーン草津
草津市野路三―一―一一
会 費 二、〇〇〇円(賞品代・ゲーム代含む)
※シューズ代は個人負担
申 込 一月四日(金)までに
堀江TEL 〇七七―五六二―三七一〇
宇野TEL 〇七七―五二五―〇三八一

◯第七三回ボウリング

日 時 三月八日(金) 一〇時三〇分スタート
場 所 エースレーン草津
草津市野路三―一―一一
会 費 二、〇〇〇円(賞品代・ゲーム代含む)
※シューズ代は個人負担
申 込 三月一日(金)までに
堀江TEL 〇七七―五六二―三七一〇
宇野TEL 〇七七―五二五―〇三八一

※ボウリングの好きな方の参加をお待ちしています。

◯第二九回食べ歩き

湯葉と豆腐という日本伝統の食材をベースに四季折々の旬の素材を組み合わせながら、和食の新境地を切り開く創作懐石料理をご賞味下さい。

日 時 二月二二日(金) 一二時
JR草津駅西口集合
場 所 梅の花 草津店 
草津市西大路町四の三二
草津エストピアプラザ二四階
TEL 〇七七―五六七―〇二一〇
会 費 四、五〇〇円
飲み物(個人注文・個人払い)
申 込 二月一八日(月)事務局まで
TEL 〇七七―五二一―一三四九

◎行事実施報告

◯舞踊

 九月  参加者 七名
一〇月  参加者一一名

◯パッチワーク

 九月  参加者 五名
一〇月  参加者 七名

◯第一一六回ゴルフコンペ

九月一〇日(月)、竜王ゴルフコースにて参加者三五名で実施

優 勝 藤田徳重
二位 山本満夫
三位 荒川三津雄

◯第一一七回ゴルフコンペ

一〇月一五日(月)、琵琶湖レークサイドゴルフコースにて参加者四〇名で実施

優 勝 大野経男
二位 荻野 修
三位 森 敬造

◯第八九回囲碁会

一〇月二五日(木)、トークサロン滋賀にて参加者一二名で実施

A組

優 勝 佐野良造
二位 服部義雄
三位 田村雅道

B組

優 勝 明瀬興蔵
二位 佐藤 雅
三位 渡邊利文

◯第四五回麻雀大会

一〇月二日(火)、アットタイム草津にて参加者一六名で実施

優 勝 前田正樹
二位 田中悌二郎
三位 永井正樹

◯第六〇回グラウンドゴルフ

一〇月一九日(金)、最高の秋晴れの下、草津市矢橋帰帆島グラウンドゴルフ場にて、参加者二一名で実施

優 勝 高岡守義
二位 進藤繁雄
三位 宮垣慶二

◯第七六回ボウリング

九月一四日(金)、エースレーン草津にて参加者一〇名で実施

優 勝 宇野俶久
二位 松本貢次
三位 堀江満寿美
ハイゲーム
二三四ピン
宇野俶久

◯第二八回食べ歩き

一〇月四日(木)、守山市にある「松研」守山店に参加者二五名が集まり、鯛出し汁会席を美味しく頂き、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。

◯第九二回史跡探訪

「湖族の自治都市・堅田」を訪ねて
九月二一日(金)、秋雨の降る生憎の日となりましたが県内各地から二五名がJR堅田駅前に集まり、市内循環バスに乗車し堅田出町で下車、ボランティアガイドと合流し本福寺にて蓮如上人との関わりや芭蕉の句碑などの説明を受け、湖族の資料館へ、堅田の歴史、文化を築いた堅田衆や先人の足跡をたどる多くの資料について館長より説明を受けました。
その後、近江八景「堅田の落雁」で名高い浮御堂「満月寺」を見て、一休宗純が修行した祥瑞寺・伊豆神社・光徳寺を見て昼食場所の「竹寅」に移動。午後は、湖族の中心的役割を果たした居初家、国の名庭に指定されている天然図亭庭園を見学し堅田市内を散策しながらJR堅田駅前で解散しました。

◯電電記念日退職者交流会

一〇月二四日(水)、琵琶湖ホテルに琵琶湖を囲む各地から一八三名が集い「尺八とそのグループ(竹)」の軽快な演奏で始まり、NTT西日本滋賀支店、小野支店長のあいさつ等を受け音楽に酔いしれながらの懇親会。昔話等に花が咲き三時間はあっという間に流れ、恒例の琵琶湖就航の歌の大合唱でお開きとなり、来年(一〇月二三日)の再会を約束して散会となりました。

戻る
■各支部独自ページ■
電友会本部へ